CakePHPにMigrations Pluginを導入する

Pocket
18 interests

CakePHPにMigrations Pluginを導入したときのメモ。
参考リンク:CakeDC / migrations – GitHub

Migrations Pluginの導入

以下は、CakePHPで制作するアプリケーションをGitで管理している場合の手順です。Gitで管理していない場合は、Pluginディレクトリに直接Migrationsのファイル群を設置してください。

Migrations Pluginの設置が完了したら、プラグインのロード設定を行いましょう。

マイグレーションの生成

マイグレーションの生成は以下の通り。

2. で取得したスキーマ情報と、現在のデータベース定義の差分をチェックして、マイグレーションファイルを生成してくれます。2〜4を繰り返すことで、スキーマ情報のバージョン管理が行えます。
デフォルトでは、モデルが存在しているものだけを抽出します。全てを対象としたい場合は、 -fオプションを付与しましょう。

マイグレーションの実行

生成されたマイグレーションを全て実行するには以下のコマンドを実行します。

その他にも、1つ前のバージョンに戻したり、1つ先のバージョンに進める等、いくつかコマンドが用意されています。GitHubのページに詳しく使い方が掲載されていますので、そちらをご覧ください。
参考リンク:CakeDC / migrations – GitHub

Pocket
18 interests