Homebrewでrbenvをインストールする

Pocket
6 interests

MacにHomebrewを使ってrbenvをインストールする方法をメモしておきます。
Homebrewのインストールについては以下を参照してください。
MacにHomebrewをインストールする

環境

環境は以下の通りです。Mac OS X 10.10.2に初めから入っているRubyに関しても記載しておきます。

ソフトウェア バージョン
Mac OS X 10.10.2
Homebrew 0.9.5
Ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883)

Macにrbenvをインストールする

MacにHomebrewでrbenvをインストールします。手順は以下の通りです。

これでrbenvのインストールは完了です。
正常に動作しているか、rbenvのバージョンを確認してみましょう。

rbenvでRubyをインストールする

rbenvでRubyをインストールします。現時点での最新安定版の2.2.0を選択しました。

rbenvでRubyをインストールし、バージョン変更できていることを確認できました。

rbenvでRubyをインストールした際に自動的に再読込する

rbenvで新しくRubyをインストールした際、rbenvを再読み込みするために rbenv rehashコマンドを実行する必要がありますが、これを自動的に実行できるようrbenvのプラグインの rbenv-gem-rehashを導入します。

これで新しくRubyを入れた直後でも rbenv rehashすることなく rbenv globalコマンドでRubyのバージョンを切り替えることができます。

バージョン情報を調べたりせずにRubyの最新安定版をインストールする

追加記事を書きました。
rbenvでRubyの最新安定版をインストールするワンライナー

参考サイト

以下のサイトでは、rbenvのインストール方法はもちろんのこと、その他のrbenvコマンドやRuby on Railsのインストールなどの解説もされているので、参考にしてみてください。

以上です。

Pocket
6 interests